仕事場を選べる働き方

フリーランスエンジニアに転職をするために必要な第一歩は、所属している会社を辞めることだ。会社を辞めた時点で、誰もがフリーランスである。ただ、実際に仕事を始めたと言える日は、フリーとして初めて案件を受注した日になる。その日から一ヶ月以内に、開業届を役所に提出することで、社会的にも晴れてフリーランスエンジニアとして認められる。開業届は提出をしなくても罰則はないが、同時に青色申告を申請しておくと、確定申告時期に困らなくて済む。青色申告は事前申請をしていないとその年度は使えなくなるので、フリーランスに転職するときにはまず最初に出しておくのが理想である。

その後は、自分で仕事を作って自宅作業をしていく人もいれば、特定の企業からの外注案件に応募してその企業のオフィスで働く人もいる。ノマドワーカーと呼ばれるように、遊牧民的に場所を変更しながらパソコン一台を武器にして仕事を進めている人もいるのだ。派遣業者に登録をしても、フリーであることは変わらない。フリーランスエンジニアに転職をすれば、自宅も喫茶店も仕事場になるし、プロジェクトごとにいくつもの企業を渡り歩くこともできる。まさにストレスフリーでボーダーレスなライフスタイルが手に入るわけだ。

最近はインターネット環境も整備されて、大容量データも高速で遠隔地に送れるようになった。そのため、海外で暮らしながら日本の案件を受注しているエンジニアも登場し始めている。
作業する環境を自分で選べるというメリットがある働き方ではあるが、仕事場選びが作業効率に影響するため慎重に選択したいところである。