収入と仕事場の関係性

コンピューターが社会に登場して、瞬く間に仕事や生活でなければならないものとなったのが分かるだろう。これに伴い、関連するIT業種も活性化してきて、特徴としては仕事場を選ばなくていいことがあるのだ。それゆえ会社に属することなくフリーランスや個人事業主として活躍するケースも増えてきているが、メリットばかりに目が向けられるがデメリットも存在していることを忘れてはならない。もっとも大きな面は収入に関してで、例としてフリーランスエンジニアで考えてみよう。

エンジニアはシステムやソフトウェアの開発を行うのが主な仕事で、独立するにはスキルや知識が確かであることが前提になる。しかし技術分野における能力だけが高くとも、独立した場合はこれだけでは仕事に結びつかないのである。理由として会社に勤めていれば仕事は与えられるもので、営業は自ら取りに行く必要があるが、IT技術職の場合は回されてきた仕事をこなしていくのが普通のことになるだろう。

しかしながら独立すると待っているだけでは仕事は得られなく、人脈や営業能力が必要となるのだ。それに加えて自分で仕事のペースを作ることになるが、それゆえ会社員ならある公休や有給といったものがなく、働けばその分が収入に結び付くが、働かないと稼ぎにならないのである。

また会社員は会社がバックにあって何かの際には力になってくれるが、独立すればそういったことがなく、すべてを自分の責任で行わなければいけないのだ。